便通の基礎知識

MENU

まゆきちが特に重視する『3つのポイント』

便秘 便秘 便秘

便通の基礎知識

便通が悪い原因やその症状、便秘の原因となる病気・便秘によって引き起こされる病気など、便通の基礎知識について説明します。

 

便通の基礎知識記事一覧

 

便秘には大別して2つの種類があり、それぞれ原因が異なります。機能性便秘直腸の異常や大腸の蠕動運動機能低下が原因続発性便秘がんなどの疾患や薬剤による副作用が原因便通が悪い原因の多くは、機能性便秘によるものです。機能性便秘はさらに、弛緩性便秘直腸便秘痙攣性便秘といった3つの種類に分けられます。機能性便秘についてこのうちほとんどの原因を占めているのが弛緩性便秘です。弛緩性便秘弛緩性便秘は食事の偏りや運動...

 
 

自分が便秘であるかそうでないかは大体自覚できると思いますが、具体的な定義としては「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感が残っている状態」であることが日本内科学会によって定められています。この他にも、排便時に困難を感じたり口腔から便臭が現れるといった症状も挙げられます。お腹が張っている感じや、下腹部の痛み、食欲のなさも自覚症状として表れてきます。便秘の症状には、大きく分けて3つの種...

 
 

便秘を放っておくと体臭や口臭に便の臭いが出始め、自分だけでなく周囲の人にも不快感を与えてしまうことがあります。なぜ便秘になると体臭が臭くなるのか、一見すると分かりにくいかもしれませんが、実はお互いに深く関係しているのです。何をしても体臭が消えなくて悩んでいる人は、便通を良くすることで思わぬ効果が現れるかもしれません。体臭との関係便秘による体臭の原因は、便通が悪くなると腸内で便が腐敗したときに生じる...

 
 

お通じの間隔には個人差はありますが、3〜4日どころか1週間近くも便通がないとさすがに心配になると思います。便秘の症状が重くなると、2〜3週間に一度しか排便がなくなることもあります。これだけの長いあいだ便が腸内に留まっていると、便の腐敗に伴って発生した毒素が全身に回り、体臭・口臭や体の不調の原因となってしまいます。お通じの悪さによって頭痛やめまい、吐き気で悩まされる人も少なくありません。肌荒れやニキ...

 
 

排便の回数や便の状態(量・色・形など)がいつもと違っている場合、便通異常が考えられます。便通異常は一般的に便秘や下痢のことを指しますが、ここでは病気が隠れている可能性のある便通異常について説明します。排便の時に出血や痛みがあるときには、まず肛門狭窄が考えられます。肛門狭窄とは裂肛などが原因で肛門が狭くなり排便が困難になった状態であり、座薬や軟膏を使った治療が基本ですがときには手術が必要なこともあり...

 
 

便秘は放っておいても大したことはないと思われがちですが、実は大腸がん・直腸がん、動脈硬化といった命にかかわる重大な病気に発展してしまう可能性もある恐ろしいものなのです。便秘は万病の元と言われているほど、様々な病気につながります。なかでも恐ろしいのが大腸がんであり、便秘によって便の毒素が長時間腸壁に触れ続けたとき、発癌性物質として作用することが原因とされています。大腸がんと腸閉塞大腸がんの症状は分か...

 
 

なかなか治らない頑固な便秘は自分だけの力では解決できない場合もあるので、病院の内科や消化器科、肛門科で治療してもらうことも必要となるでしょう。最近では便通治療に特化した便秘外来も増えてきています。ただの便秘と甘く見ていても、なかには緊急を要する病気が隠れている可能性もあるので、次のような症状で悩んでいる人は早めに病院で検査をしてもらいましょう。便に血が混じっていたり、黒や灰色などいつもと違う色をし...

 
 

ストレスと便通は深い関係があり、実際に転勤や旅行などでお通じが悪くなった経験がある人も多いのではないでしょうか。このような場合食事などの生活環境が変わったことも原因の一つとして挙げられますが、それに伴うストレスも少なからず影響しています。特にストレスは感じていないと思っていても、気温や気圧の変化、感情などのちょっとした変化でも知らず知らずのうちにストレスとして蓄積しています。自律神経との関係ストレ...

 

みんなに支持されて全国売上ついに日本一

東尾理子バナー

 

カイテキオリゴ