病院の便秘治療

MENU

まゆきちが特に重視する『3つのポイント』

便秘 便秘 便秘

病院の便秘治療

なかなか治らない頑固な便秘は自分だけの力では解決できない場合もあるので、
病院の内科や消化器科、肛門科で治療してもらうことも必要となるでしょう。
最近では便通治療に特化した便秘外来も増えてきています。

 

ただの便秘と甘く見ていても、なかには緊急を要する病気が隠れている可能性もあるので、
次のような症状で悩んでいる人は早めに病院で検査をしてもらいましょう。

 

  • 便に血が混じっていたり、黒や灰色などいつもと違う色をしている
  • 便の形がおかしい、細い便しか出ない
  • 便秘とともに激しい腹痛や腰痛を抱えている
  • 食欲が無く吐き気や嘔吐、熱がよく出るようになった

 

 

治療の流れ

病院を受診したらまず、便意の有無、食事の内容や服用薬、
ダイエット中であるかどうかなどの問診が行われます。
そこで大腸内視鏡検査が必要と判断された場合、
ポリープや炎症の有無が検査によって調べられます。

 

もしもポリープが見つかった場合は、
そのまま大腸がんとなってしまう恐れがあるため早めの切除を勧められます。

 

便秘の原因として何らかの疾患が見つかったときはまずその治療が行われ、
特に緊急を要する異常が無ければ薬の処方や、生活や食事に関する指導を行っていきます。

 

痔が見つかった場合は、出血や痛みを抑えたり便の状態を改善する薬を使った
保存的治療を行い、大きな痔核ができているときは外科的処置を行うこともあります。


 

 

みんなに支持されて全国売上ついに日本一

東尾理子バナー

 

カイテキオリゴ