ストレスと便通

MENU

まゆきちが特に重視する『3つのポイント』

便秘 便秘 便秘

ストレスと便通

ストレスと便通は深い関係があり、実際に転勤や旅行などで
お通じが悪くなった経験がある人も多いのではないでしょうか。
このような場合食事などの生活環境が変わったことも原因の一つとして挙げられますが、
それに伴うストレスも少なからず影響しています。

 

特にストレスは感じていないと思っていても、気温や気圧の変化、
感情などのちょっとした変化でも知らず知らずのうちにストレスとして蓄積しています。

 

 

自律神経との関係

ストレスによって便通が悪くなるのは、自律神経が乱れてしまうからです。
この自律神経は脳からの信号を腸へと伝達し、その働きを調整する役割を担っています。
自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、腸の蠕動運動を活発化させて
便通をスムーズにするのを司っているのは副交感神経のほうです。

 

身体がストレス状態に置かれると、交感神経が働き
心臓や筋肉の動きが活発になるいっぽうで、腸の働きは悪くなってしまいます。
副交感神経は主にリラックスしているときや睡眠中に優位になります。

 

ストレス性の便秘で悩んでいる人は仕事や家庭の多忙さでプレッシャーを感じている
傾向があるので、時には適度な休息をとり気持ちを落ち着けることも大切です。
そして睡眠不足は交感神経が休まらないだけでなく、
腸内のビフィズス菌も減らしてしまうので、睡眠時間は十分にとるようにしましょう。


 

 

みんなに支持されて全国売上ついに日本一

東尾理子バナー

 

カイテキオリゴ