便通が悪い原因

MENU

まゆきちが特に重視する『3つのポイント』

便秘 便秘 便秘

便通が悪い原因

便秘には大別して2つの種類があり、それぞれ原因が異なります。

 

便通改善

機能性便秘 直腸の異常や大腸の蠕動運動機能低下が原因
続発性便秘 がんなどの疾患や薬剤による副作用が原因

 

便通が悪い原因の多くは、機能性便秘によるものです。

 

 

機能性便秘はさらに、

  • 弛緩性便秘
  • 直腸便秘
  • 痙攣性便秘

といった3つの種類に分けられます。

 

 

機能性便秘について

便通改善

 

このうちほとんどの原因を占めているのが弛緩性便秘です。

 

弛緩性便秘

弛緩性便秘は食事の偏りや運動不足といった生活習慣が主な原因で、
腸管の機能が低下することで引き起こされます。

 

直腸便秘

直腸便秘は下剤などの使用や排便の我慢によって、
便意が生ずる感覚が鈍くなっている状態です。

 

これらのタイプは原因をはっきりと特定できないもので、常習性便秘とも言われています。

 

痙攣性便秘

痙攣性便秘はストレスによる自律神経の乱れが原因で、
腸が必要以上に収縮運動を行い排便が困難になっている状態です。

 

 

それぞれの見分け方については、こちらをチェック

 

 

以上のように便通が悪いほとんどの原因は、食事や体質、生活リズムなど
様々な要素が複合しているのではっきりと特定することはできません。

 

病気が原因で便通が悪い場合は決まった対処法を行えばよいのですが、
原因がはっきりしなければ根本的な改善は難しく、
何らかの対処を行ったとしても一時しのぎにしかなりません。

 

なので、便通を良くするためには生活習慣を全体的に見直さなければならないでしょう。


 

 

みんなに支持されて全国売上ついに日本一

東尾理子バナー

 

カイテキオリゴ