コーヒー

MENU

まゆきちが特に重視する『3つのポイント』

便秘 便秘 便秘

コーヒー

コーヒーが便通を良くするかどうかは賛否両論ありますが、
その飲み方によっては効果がある人もいるし、逆に症状が悪化する人もいます。
コーヒーには利尿作用があるカフェインが多く含まれているので、
便の水分が奪われて硬くなってしまうために、
普通に考えるとあまり良くないといえるでしょう。

 

また、腸内細菌の働きを弱めるタンニンと呼ばれる成分も存在しています。
しかし、コーヒーには大腸の蠕動運動促進作用(緩下作用)もあります。
コーヒーを飲んで便通が一時的に良くなることがあるのはこのためです。

 

お腹が張ってつらいときや急性の便秘解消のために時々飲む程度であれば、
症状軽減に効果が出る人もいるでしょう。

 

 

飲み方について

毎日大量に飲んでいると、カフェインやタンニンが
腸内環境のバランスを乱してしまうので注意してください。
毎日飲むという人は、1日2〜3杯程度に留めておくのが良いでしょう。

 

起床後に空腹状態で飲むのを習慣にすると、
胃結腸反射によって排便リズムを整える助けになってくれます。

コーヒーを便秘解消のために習慣にしたい人は、コーヒーゼリーがおすすめです。

コーヒーゼリーには寒天の食物繊維が豊富なのでさらに便通を良くする作用が
高まることが期待できるほか、カフェインの働きも抑制されます。
満腹感も高いので、ダイエット中の便秘解消にも最適です。


 

 

みんなに支持されて全国売上ついに日本一

東尾理子バナー

 

カイテキオリゴ

 

 

 

コーヒー関連ページ

牛乳
お茶
炭酸水