整腸剤

MENU

まゆきちが特に重視する『3つのポイント』

便秘 便秘 便秘

整腸剤

整腸剤はビオフェルミンやミヤリサンなどが有名ですが、
これらは腸にとって必要な有用菌を補い、
便秘の原因である悪玉菌を抑える作用があります。

 

下剤や下痢止めとの違いは、下剤は腸に直接刺激を与えたり
水分量を変化させて即効で便を出しやすくするもので、
整腸剤は腸内環境を整えるための栄養剤として作用します。

 

なので整腸剤ですぐにお腹がスッキリするというよりも、
続けて服用することで腸内環境が整った上で便通が良くなると考えたほうが良いでしょう。
一般に流通している整腸剤は副作用が少ないので、
食べ過ぎた時や冷え性などで何となくお腹の具合が良くない時でも気軽に服用できます。

 

整腸薬の選び方は、まず止瀉作用と瀉下作用の
どちらがあるのかをよく確認しておくことが大事です。

 

 

選び方と注意点

止瀉作用とは便を止める働き、瀉下作用とは便通を良くする働きのことで、
ここを間違うと逆に便の出がますます悪くなってしまうので注意してください。

 

整腸剤の副作用として、下痢の症状が強くなる場合があります。
また、ラックBやビオスリーなどには牛乳アレルギーの人にとって
禁忌の成分が入っているので、事前に医師に相談してから服用してください。

 

また、腎臓機能や肝機能に障害のある人、妊娠・授乳中の人、
胃腸薬を服用している人、心臓病、胃腸障害、甲状腺機能異常など
何らかの疾患を抱えている人も、整腸剤の使用は控えるようにしてください。


 

 

みんなに支持されて全国売上ついに日本一

東尾理子バナー

 

カイテキオリゴ

 

 

 

整腸剤関連ページ

市販の下剤
漢方薬