漢方薬

MENU

まゆきちが特に重視する『3つのポイント』

便秘 便秘 便秘

漢方薬

下剤や整腸剤でも効果がない・合わないという人は、
漢方薬を試してみるという方法もあります。

 

漢方薬は下剤としての作用もありますが、
体質を整えて腸内環境を良くする点でも非常に有用です。
便通を良くする漢方薬は、体質や症状によって処方の仕方が異なります。

 

 

タイプ別おすすめの漢方

体温が高めで赤ら顔の人で、尿の色が濃かったり
口の乾きなどの症状がある人は熱タイプの便秘です。
このタイプには三黄散と呼ばれる、体を冷やす効果のある漢方薬が有効です。

 

その逆に、冷え性で腹痛・お腹のハリや夜間の尿が多い人には、
桂枝加芍薬薬黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)
と呼ばれる体を温める作用のある薬がおすすめです。

 

そして体力がない人や高齢者、気分の落ち込みが多い人には
潤腸湯(じゅんちょうとう)を使用します。

 

自分がどのタイプか判断しづらいときは、
便秘用漢方としてスタンダードな大黄甘草湯を試してみるのも良いでしょう。
ただしこれは作用がやや強いので、少量の服用から始めてください。
選び方が難しい場合は専門家に一度相談してみましょう。

 

漢方薬は市販でも便秘専用の商品を手軽に購入できますが、
これはやや作用が強力なので、下剤等と同様長期連用はおすすめできません。
体力が十分にある人以外で、お年寄りや冷え性の人が使うと
かえって体調を崩してしまう可能性があるので注意してください。


 

 

みんなに支持されて全国売上ついに日本一

東尾理子バナー

 

カイテキオリゴ

 

 

 

漢方薬関連ページ

市販の下剤
整腸剤