納豆

MENU

まゆきちが特に重視する『3つのポイント』

便秘 便秘 便秘

納豆

納豆をはじめとした発酵食品は、便通を良くする効果もあります。
納豆には善玉菌を増やす作用だけでなく、水溶性食物繊維・不溶性食物繊維の
両方を含んでいるので、便秘解消にとっていいことづくめといえます。

 

納豆菌は特に腸にそのまま届きやすく、納豆キナーゼと呼ばれるネバネバの成分が
腸で発酵することで善玉菌を優勢にし、腸内環境を整えるのに役立ってくれます。
そして、大腸菌やウェルシュ菌といった腸内腐敗菌を抑制します。

 

カロリーが低く栄養価が高い他、少量でも適度な満腹感が得られるので
ダイエット中の便秘解消法としてもおすすめです。

 

納豆を中心に、味噌汁や漬物などの発酵食品を中心とした
日本食に変えると便通をよくする効果がより一層期待できます。

 

 

痙攣性便秘の場合

納豆を毎日食べていても便通が良くならないという人もいますが、
そのような場合痙攣性の便秘である可能性があります。
痙攣性便秘はストレスによって引き起こされるので、食物繊維や乳酸菌の摂取量は
あまり関係がないばかりか逆にマイナスの影響を及ぼすこともあります。

 

納豆には若干不溶性食物繊維のほうが多く含まれていますが、
これは大腸への負担が大きいので、腸の働きが強すぎる症状である
痙攣性便秘をさらに悪化させる原因にもなります。
まずは自分の便秘のタイプを判断して、食べ過ぎないように気をつけましょう。


 

 

みんなに支持されて全国売上ついに日本一

東尾理子バナー

 

カイテキオリゴ