良くない食べ物

MENU

まゆきちが特に重視する『3つのポイント』

便秘 便秘 便秘

良くない食べ物

便秘に良くない食べ物として代表的なのが肉類です。
肉類は他の食べ物と比べると消化器官にとって負担になります。
特に日本人の腸は長いので、消化に時間のかかる肉が長く留まることで
腐敗しやすくなり、腸内環境の悪化を招きます。

 

また、食品に関係なく特定のものを食べすぎることでも便秘になりやすいです。
どんなに便秘に良いと言われている食品でも摂りすぎは良くありません。
肉中心の欧米型の食事を避けることに加えて、
バランスのとれた食事をするようにしましょう。

 

そして、渋柿やワインなどに含まれているタンニンと呼ばれる成分も
便通を悪くする原因となるので、食べ過ぎ・飲みすぎには気を付けてください。
タンニンは古くから下痢止めとしても使用されている成分で、
便を硬くする働きがあるのです。

 

 

食物繊維にも注意

また、食物繊維が便通を良くすることは当たり前のように思われていますが、
便秘のタイプによっては逆効果になることがあるので要注意です。

 

一般的に食物繊維が良いとされるのは腸の働きが鈍い弛緩性便秘の場合です。
逆に腸が過敏になっている痙攣性便秘や直腸に便が溜まっている状態の
直腸性便秘には、腸に負担かかかるので良くありません。

 

直腸性便秘の場合は便の体積を増やす不溶性食物繊維はできるだけ避け、
便を柔らかくする働きのある水溶性食物繊維のほうを中心に摂取するようにしましょう。


 

 

みんなに支持されて全国売上ついに日本一

東尾理子バナー

 

カイテキオリゴ

 

 

 

良くない食べ物関連ページ

食物繊維と便通
玄米
納豆
ヨーグルト
にがり