バナナ

MENU

まゆきちが特に重視する『3つのポイント』

便秘 便秘 便秘

バナナ

バナナは便秘に良いという話をよく聞きますが、
なぜそれほど効果があるのかというと、
食物繊維やオリゴ糖など便秘解消に有効な栄養素をバランスよく含んでいるからです。

 

カロリーは1本約80kcalと低カロリーで、消化にも負担がかからないこと、
そしてその食べやすさも人気の理由です。

 

バナナには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方のバランス良く含まれています。
ただし、バナナよりも食物繊維の豊富な食材は沢山あるので、
実際にはこれだけで十分な摂取量になるとはいえません。

 

もうひとつ注目すべき点が、腸内環境を改善するフラクトオリゴ糖も豊富なことです。
オリゴ糖は乳酸菌の餌となるので、ヨーグルトと一緒に食べると
さらに便通を良くする効果が期待できます。
マグネシウムやカリウムなどの栄養素も便秘を解消する働きがあります。

 

 

食べ方について

いくら便秘に良いといっても食べ過ぎは栄養が偏り逆効果なので、
1日1〜2本を目安に食べましょう。
1本だけでも多すぎるという人は、焼きバナナにして
水分を減らして食べるのがおすすめです。

 

黄色いバナナや黒い斑点ができているものよりも便秘解消に効果的なのが、
まだ熟し切っていない青い状態のバナナです。

 

この状態のバナナに含まれているでんぷん質は胃で消化されにくく、
その多くが腸にまで達することになります。
それを栄養源にして腸内で乳酸菌の働きが活発になるのです。


 

 

みんなに支持されて全国売上ついに日本一

東尾理子バナー

 

カイテキオリゴ

 

 

 

バナナ関連ページ

みかん
プルーン