運動で便通改善

MENU

まゆきちが特に重視する『3つのポイント』

便秘 便秘 便秘

運動で便通改善

便秘の原因のひとつとして腹筋が弱いことが挙げられますが、
運動することで腹筋を中心に鍛え、便通を良くする体作りをしていきましょう。

 

便秘のタイプの多くを占めている弛緩性便秘は、
腹筋が弱いために腸の蠕動運動が低下することから引き起こされます。

 

腸の働きには腹筋のなかでも特に腹直筋と呼ばれる部分が大きく影響しています。
腹直筋を効果的に鍛えるためには、やはり腹筋運動が一番です。

 

 

おすすめの運動

腹筋運動が苦手な人は、

  • 床に腰や背中をつけたままで起き上がったり(トランクカール)
  • 足のほうをお腹に近づける(ニートゥチェスト)

だけでも十分な効果が得られます。

 

トランクカール

constipation2.jpg

 

ニートゥチェスト

constipation3.jpg

 

 

普段の歩いたり座ったりとった何気ない動作のなかでも、
軽く腹筋を意識しておくと良いでしょう。

 

 

有酸素運動の効果

便通改善には有酸素運動も効果的とされています。

 

おすすめの有酸素運動は、負荷が少なく取り組みやすいウォーキングがおすすめです。
これなら、激しい運動が難しい妊婦やお年寄りの便通改善にも最適です。

 

ウォーキングで腹筋も適度に鍛えられるほか、
血のめぐりや内臓の働きが活発になり、便が出やすい体内環境が整えられます。
1日10分〜30分を目安に、週3〜4回のペースで無理なく始めていきましょう。

 

 

運動を行ったあと逆に便通が悪くなるという人がいますが、
それは汗で水分が失われ便が硬くなっていることが考えられるので、
水分補給はこまめに行ってください。


 

 

みんなに支持されて全国売上ついに日本一

東尾理子バナー

 

カイテキオリゴ