老人の便秘

MENU

まゆきちが特に重視する『3つのポイント』

便秘 便秘 便秘

老人の便秘

老人になると、筋力の低下や食事量の減少によって便秘になりやすくなってきます。
老人の場合は徐々に食べる量が減ってくるので、自然と便の量も少なくなります。
ですので毎日お通じがなくても心配しすぎる必要はありません。

 

適正なお通じのペースはそれぞれ違いますが、排便が少ない他にも腹痛やお腹のハリ、
不快感などその他の症状が現れているなら便秘として対処していかなければなりません。

 

老人の便秘対策としては、できるだけ食物繊維の多い食事内容にすること、
そして筋力低下を予防するために適度な運動をすることであり、
通常であれば一般的な便秘対策と変わりはありません。

 

食物繊維の多い食事は老人にとって食べづらいので、
野菜や穀物をよく煮込んでスープやおかゆにして食べるなど工夫をしてください。
運動も座ったり寝転んだりしながらできる体操で十分なので、
無理のないペースと強度で続けていきましょう。

 

トイレが気になり水分をあまり摂らなくなる老人も多いですが、
便秘にとって水分不足は大敵なので気を付けてください。

 

 

便秘薬の使用には注意

注意しておきたいのが、下剤や整腸剤を老人が服用するときには
通常の摂取の目安では多すぎる場合があることです。
薬の副作用によって便秘がひどくなることがあります。

 

薬で老人の便秘対策をするなら、市販薬よりも
医師から処方してもらった薬を指示通りに服用する方が安心です。
間違った対処法で腸閉塞などを招かないためにも、
便秘のタイプをまず病院で診断してもらうと良いでしょう。


 

 

みんなに支持されて全国売上ついに日本一

東尾理子バナー

 

カイテキオリゴ

 

 

 

老人の便秘関連ページ

子供の便秘
生理と便秘
妊婦の便秘