子供の便秘

MENU

まゆきちが特に重視する『3つのポイント』

便秘 便秘 便秘

子供の便秘

子供の排便習慣の形成は難しく、便秘が慢性化しやすいといえます。
特に子供は排便時の痛みがあるときに我慢してしまう傾向があるので、
余計に便秘が悪化してしまいます。

 

腸が発達過程にある途中で便を溜め込みがちになると、
直腸が伸びて便意を感じにくくなります。
そうなると便意を催すまでに何日もかかり、
そのあいだに硬くなった大量の便を出すときには非常に痛い思いをすることとなります。

 

そして子供はさらに排便を嫌がるようになり、
我慢した結果直腸が常に伸びている状態となって悪循環に陥ってしまうのです。

 

子供の便秘が進行すると便失禁が見られるようになったり、集中力の低下、
腹痛や嘔吐などの症状、健全な発育への悪影響など
「ただの便秘」では済まされない問題になってきます。

 

 

乳児の便秘

子供がまだ生後間もないうちは母乳や粉乳が中心で、
その吸収が良ければ1週間くらいは便が出ないことも珍しくないので、
子供が不快感や苦痛を呈していなければ特に心配する必要はないでしょう。

 

もしも便秘の症状があれば、お腹を「の」の字を書くように優しくマッサージ
してあげたり、野菜や果物を水分とともに柔らかくして与えてあげましょう。

 

 

幼児の便秘

幼児の便秘対策としては、いかに排便を習慣づけるかが大事となります。
一番排便のリズムをつかみやすい朝食後に、
必ずトイレに行かせる習慣にすると良いでしょう。

 

食事は繊維質の多いものを積極的に食べさせ、
運動不足解消のために外で遊ばせるようにしてください。
ヤクルトなど乳酸菌飲料の飲みすぎは
逆に便通を悪くさせてしまうので気を付けてください。

 

 


 

 

みんなに支持されて全国売上ついに日本一

東尾理子バナー

 

カイテキオリゴ

 

 

 

子供の便秘関連ページ

老人の便秘
生理と便秘
妊婦の便秘